読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~おかもん放浪中~

縄の魔術師、おかもん!なわとび(単なわとび・ダブルダッチ・2in1など)の紹介の他、五ヶ国語制覇への道も!

格安でスマホを持つには、実はiPhoneが最適かも 2015年3月

かなり制限がありますが、本日iPhone6 64GBを一括0円、月額2375円で契約しましたので、その詳細を書きたいと思います。

実質0円とは

まず、ここを理解しておく必要があります。

基本的にiPhoneを始めとするスマホは、高額の端末代を24回くらいの分割払いにする契約を結びます。そして、ほぼ同じ値段を割引してくれることで実質0円になっているわけです。

例:

  • iPhone6 16GBの端末代(au) 72,360円
  • 割引 -3015円/月 × 24ヶ月 = -72,360円

つまり、24ヶ月契約していたら実質的にiPhone6 16GBを0円で手に入れたと同様になるため、「実質0円」と表記されます。

このため、24ヶ月以内に解約した場合には残っている端末代金が請求されます。

一括0円とは

さて、一括0円とは、なんと端末代金を0円で提供してくれることを言います。

その場合でも、月々の割引は残ってくれるのです。

例:

  • iPhone6の端末代 0円
  • 割引 -3015円/月 × 24ヶ月 = -72,360円

となり、実質的に月額使用料が3,015円割引されることとなります。

iPhoneを一括0円で得る意味

さて、実はこの毎月の割引ですが、契約する月によって額が変わります。すなわち、端末代が高い発売当初は割引が高く、端末代が安くなってくると割引も下がります。

しかし、なぜかiPhoneだけは割引が下がらないのです。少なくとも今は下がってません。

しかも、今年の頭ではiPhone5sの場合、一括0円で更にキャッシュバックも結構あったとのこと、少しくらい端末が古くても最近はほとんど変わりません。凄いことが起こっていると言えます。

今回の例

概要

doocmo, softbank からauへの乗り換え

  • 家族2台MNPで、iPhone6 64GB 2台とも一括0円
  • au WALLET に1万円キャッシュバック × 2人
  • ギフトカード 2000円 × 2人

ただし、条件

  • eo光、JCOM等クーポン持参
  • 契約者どちらか(両方) 25歳以下 (26歳以上ならau WALLETのキャッシュバックが減額)
  • MNPの前のキャリア(docomo, softbank)の携帯(ガラケースマホどちらでも)を下取り

でした。

eo光、JCOM等クーポンとは、auと提携しているネット会社が発行しているもので、家でそれらのインターネット使っていたら対象者に送ってもらえます。私の家は提携しているインターネット会社使っているのですが、送られていませんでした。

その場合、電話して送ってと言えば送ってくれます(経験済)。

その他オプション

  • いっぱいついて 2700円/月 × 最低3ヶ月 = 8,100円
  • すぐ外して良くて無料期間のあるもの 沢山 (うたパス、ブックパスなど)
  • au WALLET クレジットカード登録
  • au WALLET プリペイドカード登録

月額料金

6,156 円 LTEフラット
324 円 LETネット
1,008 円 LETプラン
432 円 AppleCare+ (保障サービス)
-1,008 円 auにかえる割 Plus 24ヶ月
-1,522 円 auスマートバリュー 24ヶ月
-3,015 円 iPhone毎月割
計2,375 円 +電話代

auにかえる割 PlusはiPhone契約したら25歳以上でも使えるそうです。

auスマートバリューとは、上にもあった通り、auと提携しているインターネットの会社を使っていると月額から値段を引いてくれるやつです。 最近はsoftbank光とかdocomo光とか、他の会社もやってますよね。

ほんまの合計

10,260 円 2年契約解除(docomo)
2,160 円 転出事務手数料(docomo)
3,240 円 新規契約事務手数料(au)
8,100 円 オプション
-2,000 円 ギフトカード
-10,000 円 au WALLETチャージ
11,760 円 合計

※ ギフトカードとかWALLETで消費税がどうなるか知らないのですが、大体こんな感じ。

結論

  • 初期費用:12,000円くらい
  • 月額: 2,500円くらい
  • 仮に24ヶ月使うとしたら、12,000 + 2,500 × 24 = 72,000円

でした。今回は家族2台同時、eo光クーポン、年度末商戦、と3つも良いことが重なって、更にau スマートバリューが使えるのがとても良かったのです。

幸運なことも多かったですが、一括0円はiPhoneですら発売から半年もすると多く出てくるので、本当に新しいiPhoneが欲しいという人以外は参考にしてみて下さい。

実際、SIMフリースマホを買って格安SIMで運用するのとトータルで同じくらいだと思います。7GBまで使える、と。

今回は平日に買っちゃいましたが、特に家電量販店では週末のみのセールが非常に多いらしいので、そこが狙い目だそうです。

今回はカケ・ホーダイ系のプランにしませんでしたが、スマホの電話代も海外IP電話を利用するとかなり安くなります(固定電話宛 1円/分、携帯電話宛 2円/分とか)。

これはまた違う記事にします。

参考URL

最近はTwitterで安い案件を探せます。こういったサイトや、色々探している人のブログを参考にすればいい案件を見つけやすいですね。 格安携帯・スマートフォンTwitter情報