読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~おかもん放浪中~

縄の魔術師、おかもん!なわとび(単なわとび・ダブルダッチ・2in1など)の紹介の他、五ヶ国語制覇への道も!

今週の本[一汁一菜でよいという提案]

今週の本は、テレビで見たことがあった土井さんの本、「一汁一菜でよいという提案」。

購入の決め手は、Yahooニュースにあったこの記事です。

news.yahoo.co.jp

毎日の料理は「一汁一菜」でよく、更に味噌汁が具沢山であれば「一汁」の中に「一菜」が入っているからそれだけで良い、と。

今年の1月くらいから出汁を取るようになって、作り置きをしながら毎日味噌汁を飲んでいます。夜のご飯を用意するときに面倒なことも多いのですが、この本を読んで、少し気が楽になりましたね。

そんなに頑張らなくて良いんだ。

 

「一汁一菜の実践」という章が一番面白いですね。ここだけ具体的なレシピが載っているのですが、汎用性のある情報(味噌の種類、旬、米の炊き方、それらの実際の写真など)が沢山あり、早くこれらを作ってみたい!と思っちゃいました。

普通のレシピ本ではそんなことあんまり無いんですがね、やっぱりストーリーを一緒に語ってくれているのが良いのでしょう。

 

心に残った言葉はこれ。

「毎日同じ繰り返しだからこそ、気づくことが沢山あるのです。」

抽象的なものの言い方になればなるほど、色々な分野と共通しますね。他の本にも似たようなことを書いている部分が散見されます。

日々の決断の量には限りがあるので、決断力を消費しないために繰り返すことが1点。更に、同じ事を繰り返すことで、些細な違いにも気付けるようになるのがもう1点。

どちらの考えも大切にしていきたいと思っています。

 

 

一汁一菜でよいという提案
土井 善晴
グラフィック社
売り上げランキング: 53