読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~おかもん放浪中~

縄の魔術師、おかもん!なわとび(単なわとび・ダブルダッチ・2in1など)の紹介の他、五ヶ国語制覇への道も!

World Jump Rope 2017の公開情報を一読して(2017/02)

なわとび 海外でなわとび!

World Jump Ropeとは

World Jump Ropeという大会をご存知でしょうか。

2017年1月に、JDDA所属として大会に出場するための予選会、World Jump Rope Japan Selectionが開かれました。

このJapan Selectionは確か4回目で、ダブルダッチをしている人にとって馴染みのあるものになってきたと思います。

先日Japan Selectionに行った時のブログはこちら。

また、World Jump Ropeについての一般的な情報はこちら参照。

Event [楽しもう!なわとび ~Let's Enjoy Skipping!~]

 

World Jump Rope 2017概要

まず、World Jump Rope 2017の公式HPはこちらです。

World Jump Rope Championship and Camp 2017

 

ここに下記の1-3つファイルが、ここに4, 5のルールが置かれています(2017/02/11現在)。

  1. Packages and pricing
  2. Registration Packet
  3. Rooming List
  4. 2017 WJRF Competition Rulebook
  5. 2017 WJRF Judging Handbook

1-4について、私がまとめたいと思ったところを下で書いていきたいと思います。これらの情報が全てではありませんし、訳や解釈が合っているという保証もありませんのでご注意下さい。

5は主にどういう基準でレベルがつけられているのかが書かれていますが、55ページもあるのでここでは割愛。

 

1. Packages and pricing

大会に参加・観戦するために必要なパッケージが載っています。

基本的には示された11個のパッケージのどれかに参加することになります。

例えば、私の場合

  • 大会に選手で参加する
  • 宿泊は大会側から提供して欲しい(寮に泊まる)
  • キャンプは参加しない

ということを考えているので、3のパッケージになると思います。

 日程はこちら

7/1 チェックイン
7/2-6 大会
7/7 チェックアウト

含まれているものは下記で、$695です(ざっくり8万円)。

  • 大会参加費
  • 食事:7/1夜~7/7朝
  • 宿泊費・交通手段
  • イベントギフト
  • イベントソーシャル(多分最終日のパーティー費)

 

その他、大会には参加するけど宿泊は自分で手配する人、コーチや保護者で大会に自分は参加しない人向けのパッケージが載っています。

色々な選択肢があって良いですよね。

 

2. Registration Packet

 これは大会の概要と、参加するための手順が載っているものですね。

 

日程

大会=> World Jump Rope Championship: 7/1 - 7/6

休養=> 7/7

キャンプ=> World Jump Rope Camp: 7/8 - 7/9

 

場所

アメリカ フロリダ州 オーランド 中央フロリダ大学(University of Central Florida)

アメリカの右下にある温暖な地域ですね。

 

空港からの送迎

6/30, 7/1, 7, 10については送迎あり(MCO発着便のみ)。オンラインで事前に登場する飛行機を申請する必要あり。

寮から会場までの送迎:朝夕は公式の送迎あり(バスかな?)、それ以外の時間に移動する場合は各自で

 

グッズ

オリジナルピンバッチとT-shirtは、選手には1つずつ配られる。更に欲しい場合、オンラインチェックイン時に数量を指定すれば可能。

 

ボランティア

選手4名につき1名以上のジャッジかボランティアを出さないといけない

 

スケジュール案(最終決定ではない)

7/1 チェックイン、コーチミーティング
7/2

SR Speed 1x30

SR Speed Pairs DU

SR Speed Relay

Novice, Junior SR Freestyle

Junior SR Pairs Freestyle

Junior SR Team Freestyle

7/3

DD Speed relay

DD Pairs Speed

3-minute speed

Junior SR Pairs Wheel Freestyle

Junior DD Single Freestyle

Junior DD Pairs Freestyle

Triple Unders

7/4

Senior SR Freestyle

Senior SR Pairs Freestyle

Senior SR Pairs Wheel Freestyle

Senior SR Team Freestyle

7/5

Senior DD Single Freestyle

Senior DD Pairs Freestyle

Senior DD Triad Freestyle

DDC 1x30 speed

DDC Freestyle

7/6 Grand Championship
7/6 Party

 赤が出たいところ。

SR:Single Rope(単なわとび)

DD:Double Dutch(ダブルダッチ)

 

キャンプ

7/8-7/9

出ないので割愛

 

ジャッジトレーニング

ジャッジ講習会ですが、Grand Finalを終えて数日滞在する必要があるので、出るのか迷っています。今後、ある程度日本でも需要が出て来そうなので、ジャッジのトレーナーになるのも良いかなと思ってますが、折角なので他に旅行するのもありかなと。

 

7/8 9:00-11:00 WJRF Clinical Training:Level 3 Judgesをどうトレーニングするか

7/9 9:00-12:00 WJRF Judges Training:Level 1 Judges Training (Speed&Presentation)

7/9 13:00-16:00 WJRF Judges Training:Level 2 Judges Training (Speed&Content, Head Judge)

 

Level1 Judgeは1-2年目のジャッジ

Level2 Judgeは3年目以上のジャッジ

Level3 Judgeはジャッジのトレーニングができる人

 

 締め切り

2/1 - 3/1 登録サイトオープン
3/1

事前登録締め切り

参加者の情報と$100デポジット

5/1 登録の最終締め切り
6/1 選手の出場種目・音楽最終登録
7/1 エントリーの最終稿

 5/1より前のリクエストで75%の返金

5/2-5/15のリクエストで50%の返金

5/15以降は返金なし

 5/1以降に選手登録をする場合は費用が$100アップ、選手以外は$50アップ

 

チェックイン

今年はチェックインのときに選手も行かないと行けないようです。

記載の上では、パスポートなどでしっかりと年齢を確認されるとのことです。一昨年はこういう記載なかったような。

 

3. Rooming List

 同じチーム(クラブ)で、誰がどう泊まるのかを提出するときに使うものみたいです。4人が1部屋。

 

4. 2017 WJRF Competition Rulebook

2017での変更点

  • Novice/Juniorからは2チームがGrand Finalに進めたが、このルールが廃止。Grand Finalに残りたい場合は、Senior Freestyleにエントリーしておかなければならない

 

大会の哲学

ADDL, NDDL, FISAC, AAU, USAJRなど、様々な団体で様々なルールがあるが、それらのどのスタイルでも勝負できるような包括的な大会にしたい。

つまり、わざわざこの大会のルールに沿った演技を練習せずとも、それぞれの団体での演技をほとんどそのまま披露すればよい。(注:この考え方により、ルールは曖昧になっている)

また、各種のオプションを用意している

  • 必須種目はない
  • 色々な団体の人とチームを組める、例えば違う国籍でチームを組んでも良い
  • チームは種目ごとに異なってよい

 

参加登録のルール

誰でも参加できる。いかなる団体への加盟や加盟金は必要ない。自国がWJRFとMOU(覚書)を結んでいない限り、World Jump Ropeに出場するための"予選"はない。

 

年齢

2017/09/01時点での年齢を適用する

 

Grand Championship

最終日に、年齢無関係のトップメンバーを集めた最強決定戦がある。

  • 各スピード競技は、男・女・混合(チームのみ)のそれぞれについて、6人(6チーム)が競う
  • 3重とびは男・女のそれぞれについて、3名が競う
  • フリースタイルは、男・女・混合(チームのみ)のそれぞれについて、SR個人は10人、ペアとチームは6チームが競う
  • DDCは年齢性別関係なく、スピード・フリースタイル共に6チームが競う

 

音楽の使用

Junior SR Team Freestyleは音楽を使用する

JuniorとNoviceの他の競技は音楽を使用しない

SeniorのSR Freestyle, SR Pairs, SR Wheelは、トーナメントディレクターの指示無き場合は音楽を使用しない

Seniorの他のFreestyleは音楽をしようする、ただしトーナメントディレクターの指示があれば使用しない場合もある

注:2015のWJRでは、チェックインの日に音楽を使わないと発覚。SeniorのDDなども音楽を使わない可能性に注意。Grand Finalでは全てのFreestyleに音楽が使用されるものと思われる。

 


 

以上です!もっと簡潔にしたかったのですが、結構長くなってしまいました。

その他にも色々な情報が載っていますので、気になった方は是非一番上にあるリンクから原本を確認してみてください!