読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~おかもん放浪中~

縄の魔術師、おかもん!なわとび(単なわとび・ダブルダッチ・2in1など)の紹介の他、五ヶ国語制覇への道も!

努力とは嫌いなことを我慢してやること

 受験ではまあまあ勉強したわけですよ。例えば休日に1日10時間とか。今はスペイン語を習得しようと日夜勉強しております。

そうすると良く言われるのがこれ。

 

「凄い努力してるよねー」

 

言われること自体は全然嫌ではないのですが、ちょっと引っ掛かるのが、「努力」という言葉(敢えて気にします)。

なんというか、努力ってこう、苦しい事を乗り越えて頑張ってるって印象がありまして。そう思って辞書で見てみると、

努力

ある目的のために力を尽くして励むこと。 by goo辞典

 まぁそんなこともないのか汗

 

と、とりあえず!個人的には、努力って頑張ってるんですよ。

頑張る

困難にめげないで我慢してやり抜く。 by goo辞典

そうそう、我慢してやり抜くんですよ、我慢。

つまり何が言いたいかというと、私の考える「努力」とは、

嫌な事・嫌いな事だけど目的のために我慢してやる

ことなんです。受験勉強をめっちゃやった人はいっぱいいると思いますけど、そのうちどれくらいが「努力」したんでしょう。

良く言いますよね、できるから楽しい、楽しいから更にやりたくなる、この繰り返し、って。

人より多くの時間を割いて、多くの事を行ったは立派なことで、好きであろうが嫌いであろうが、そのことに変わりはないとです。

 

ただ、同じ事をやったとしても、

「努力」して行ったことは本当に凄い

と思ってるんです。嫌いな事を乗り越えるには確固たる目的があるはずで、そういうの自分にも欲しいなーと。