読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

~おかもん放浪中~

縄の魔術師、おかもん!なわとび(単なわとび・ダブルダッチ・2in1など)の紹介の他、五ヶ国語制覇への道も!

コスタリカでのバス移動まとめ(Peñas Blancas-Liberia-San José-Paso Canoas) 2014年6月

中米

------------------------------------
中米記事のまとめはこちら
------------------------------------

 

グアテマラ[アンティグアでスペイン語(1か月)→シェラでスペイン語(1カ月)→キリグア遺跡]→ホンジュラスニカラグアコスタリカパナマ

赤字部分の移動についてです。一番下では国境越えについて。

 

 

2014年の情報です。₡1(コロン)≒5.5円

6月16日

大型バス ₡1615(≒295円) 16:15 - 17:45 (1時間半)

TICA Busを少しボロくした感じですが、十分きれいです。夕方と言うこともあって、窓からの風が涼しかったです。サンホセまで行かなくても、ニカラグアより涼しい事を実感できます。

 

6月17日

Pulmitan社 ₡3485(≒635円) 8:00 - 12:30 (4時間半)

バスターミナルから1時間か2時間おきにバスが出ています。バスは外も中もきれいです。

f:id:OKAMON-u:20140617075528j:plain

 

6月18日

  • San José - Paso Canoas (サンホセ - パソ カノアス)

Tracopa社 ₡7710(≒1400円)  7:40 - 15:40 (8時間)

7時30分発のDavid(ダビ)行きに乗りたかったのですが、7時開始のホステルの朝食を食べてたら間に合いませんでした。途中何回かの休憩(12時ごろに昼休憩30分含む)を挟んで、国境の街パソ カノアスに着きます。人の乗降りが頻繁にあるので、直通のバスがあればもう少し早いかもしれません。バスは外も中もきれいです。

f:id:OKAMON-u:20140618125441j:plain

冷房は効いていないので、涼しいサンホセの気候から標高を上げて寒くなり、更に進むと徐々に暖かくなるという気温の変化を体感できます。ただし、窓を開けているとパナマ近くになってもそれほど暑くはないです。

 

コスタリカ側で出国税7ドルを写真左奥の銀行で払います(なぜ銀行で?)。

f:id:OKAMON-u:20140618155429j:plain

 

そして、少し歩いてパナマ側に向かいます。

f:id:OKAMON-u:20140618155758j:plainf:id:OKAMON-u:20140618155805j:plain

 パナマ入国の際には、コスタリカと同様、バスか飛行機の出国チケットを求められるのですが、更に500ドル相当の所持(もしくは残高証明)を求められます。

ということもあってか、国境付近に上の写真右のようなATMが沢山ありました。ちなみに、この国境は今までの中米の国境の中で一番栄えていまして、色んな店(マクドナルドも)、銀行、免税店などがありました。

f:id:OKAMON-u:20140618160126j:plain

 パナマ側の入国審査です。時間帯によってはかなり混んでいるようですが、16時ごろは空いていました。ただ、一人一人に結構時間かかってました。

ちなみに、出国チケットは、パナマからアメリカに飛ぶのでそれを見せました。500ドル相当は200ドル+280ユーロ(300ドル以上の価値あり)で乗り切ろうとしましたが、ドルを数えている途中で何故か中座され、帰ってきたらもうイイよと言われてOKでした。これで陸路による出入国は全て終わりました!